国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金助成事業

   子ども起業体験スクール事業

       
第一日目 開講式&導入授業・食品ロスのお話
 
      日 時:令和3年7月10日(土) 午前10時~午後3時
  場 所:豊中市立地域共生センター 大会議室
  参加者 : 35名(子ども・スタッフ)
 
   

午前930分より 受付開始
 続々と受付を済まし、席を決めるために籤を引き、決められた席に座る。

午前10時より 開講式 
 半崎理事司会のもと開講式が始まる。

 ONCCの理事長より挨拶と同時にONCCの紹介がされた。

 豊中市長様よりメッセージを頂き代読。

 豊中市教育委員会教育長様からメッセージを頂き代読

 関先生より柏原の方から来られた西村様・浜崎様の紹介。
 

   

            猪谷理事長挨拶








 
 
    午前1040分頃より関先生からスライドを利用してキッズベンチャー事業の説明。
 特に、子ども達がわかりやすいようにゲーム形式で説明があった。

 最後に、「キッズモール事業で商品を売るためにどのような事をしなければなら
 ないか」という質問をされ、各自が発表した。

  ・儲かるようにお客さんに声をかける。
  ・何を売るかみんなで考え、利益が出ると思った物を販売する商品を作る。
  ・会社を立ち上げ、店を作って代金を考えて売る。
 等の積極的な意見が多かった。
 

その後、スタッフの自己紹介とこれから使用するノートなどの備品類を配布した。 

 

関先生のお話





ジャンケンで自己紹介
昼食前の集合写真
    午後1時から食品ロスNOゲームなにわエコ会議から4名の方が来られ、14
 から5人の組を4班作り、1時間ほど楽しんだ。

 その後SDGsの説明と特に食品ロスに関する説明があり、子ども達の感触と
 して、これからはスパーに行った時にも無駄に買わずに、食べきれるものだけ
 を買うという意識が芽生えたと思う。
 

   

食品ロスNOゲーム
    午後230分より振り返りシートを記入し、子ども達は昼からのゲームが楽しか
 ったという意見がおおかったが、キッズベンチャー事業に対しても楽しみであ
 るという意見もあった。これからが楽しみです。
     Top Page




      
 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金助成事業

   子ども起業体験スクール事業 保護者説明会 開催  

    日 時:令和3年6月26日(土) 午後1時30分
  場 所:豊中市立生活情報センター くらしかん イベントホール
  参加者 : 子ども起業体験スクール事業に参加する保護者・子どもたち

   
 本来ならば、今年5月より実施予定であった子ども起業体験スクール事業(キッズ
ベンチャー事業)は、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の発出、延長などもあ
って、やむなく2ヶ月間延期をせざるを得ず、この710日より始める子ども起業体
験スクール事業に先駆けて参加の保護者対象に説明会を実施致しました。

 

   
 


 田中理事司会のもと、
初めに猪谷理事長より挨
拶とONCCの理念などの
説明がありました。

   スタッフの福原さんよりゲーム形式の自己紹介があり、和んだところで、関隆晴先生
より起業体験スクールに関する詳細説明をしていただき、子どもたちと保護者・ONCC
のスタッフが一緒になって事業を作り上げて行きましょうという言葉で締めくくられま
した。
質疑応答があり、関先生からわかりやすく回答いただきました。
 
関 隆晴先生の説明
 

 半崎理事から諸連絡事項の説明があり、これからの長丁場の事業ですので、健康を
十分考えながら頑張っていきましょうという言葉で保護者説明会は終了いたしました。
 子どもたちは自己紹介後、別室にておもちゃ体験で楽しいひとときを過ごしたよう
でした。

Top Page



 
Top Page