7月13日は久しぶりのくるくるプラザでの海洋実習事前学習が行われた。
             スライドを交えてのヨット等の基礎知識、各部名称、ロープの結び方など
           を教わった。




8の字結びと、もやい結びは完璧
      ヨットは今までただ風の力で進むという事しか知らな
     かったが、向かい風に対して進むにはマストのセールに
     45度の角度で風を受けジグザグに進んで行かなければな
     らないことを知った。 

  カヤックやサップなど数種類のものに乗る
 ようだが何度か沈したり、水が入ってこない
 かとか初めての経験で楽しみでもあり、不安
 でもある。

            当日は着替えなど荷物も結構多そうで大変そうだが、昼のマリンスポーツ、夜の歓談など
       3日間十分楽しめたらと思います。 


         午前中の海洋実習の話の後は午後の班別活動。
         3班は摂津峡散策
 
 
            日中35℃近い気温の中、 箕面の滝とは比べものにはならないが
           街中とは違って少しは涼しさを感じられたようです。
  Top Page







 

       7月6日は阪急南千里駅に集合しウォークラリーの説明を受けた。 ルールは事前に渡さ
       れるコース図に従って各グループ単位で進み、途中で与えられる課題を解決しながら設定さ
       れた一定の時間で歩き、目的地を目指すもの。
今回コマ図2番目のポイントまで全員一緒に
       歩いたところで3名から5名の9グループに編成。

            班を越えたメンバーとグループになり1分ずつ時間差をつけてスタート。コマ図11番ま
       では迷うことなく歩けた。しかし12番のポイントが遠くやや不安になる。
        課題解決設問は丁寧に観察しないと答えが見つからない。晴れ間がだんだん多くなり暑い。
       本日は午前中に1時間10分歩いたが、夏場はこれくらいが適当だ。

            ゴールは山田駅と知らされていたこともあり特に遅れるグループもなくゴールインした。
            午後の班別活動で2班はアサヒビールの吹田工場見学で学んだ後、ビール3杯の無料試飲
       で喉を潤した。

            本番の競技においては、勝敗はタイム得点と課題得点の合計で決まる。設定時間より早く
       着きすぎても減点となるので急いで進む必要はないとのことで、体力差や年齢、性別に関係
       なく誰でも参加できる。
これがタイムを争うオリエンテーリングとの違い。コース地につい
       て学ぶこともでき、シニアにはいいレクレーションといえる。

 
 
 



   


紙飛行機✈ やりませんか!

わ~すごい!

こうするんかな~
よ~し僕も!  お~とんだ~!
そ~れ!  あれどこ行った~?
 
上高地か軽井沢!? 大阪の一角とも思えません
 

 
 Top Page 





 

 

     今日も良い天気☀  スカイクロスってどんなスポーツ
     かなとわくわくしながら先生の説明を
聞き、グループに分
     かれてさあ挑戦です。

 

 


この輪、五輪みたい。こんな感じかな


ゴルフと輪投げをミックスさせたゲームです





このリングをあのコーンに入れるのか、、、
 簡単そうだな


  さあ、かまえて  そうそうそんな感じ


そ~れ! どうだあ~! 

やった~ うまくとんだぞ~! 

ゴールは近い!!

 
 Top Page 







 

 

         コース: 近鉄奈良駅・集合~ならまち散策:猿沢池―元興寺ー格子の家など町家巡りー
                    ホテルフジタ奈良・昼食ー興福寺ー
 奈良県庁・屋上から奈良周辺を一望


 10時前、近鉄奈良駅に集合、各班にはボランティア
のガイドさんが終日同行、案内・説明していただける
とのこと。
 それぞれあいさつのあと、早速出発となる。(ボラ
ンティアは全部で150名程、常時140名が活動中とか)

 小雨混じりだったが、午前中2~3度傘をさす程度で
気温も上がらず、天候には恵まれた。


   ― 猿沢池 ―

  途中、南都銀行の由緒ある建物や有名な「中谷堂」
の前を通り猿沢池へ。

 写真手前の石看板に書かれているのは猿沢池の不思
議な言い伝えとして
 「澄まず濁らず出ず入らず
  蛙はわかず藻は生えず
  魚が七分で水三分」
 

      「ならまち」は元興寺の旧境内を中心とした一帯で
    1980年代に、町並み保存の機運が高まり現在に至っ
    たとか。
     古き良き生活風景と現代的な感覚が共存し、魅力
    ある町です。
     蚊帳のれんは、本麻、手染めで一枚づつ染めてお
    り人気商品となっている。
 

   ― 元興寺 ―

   元興寺には昔、五重塔もあり、その礎石が残っている。
  4列×4列+中央本柱で17本。それぞれ1m近くある大きな
  石で、土中にも深く埋っている様。
   この上に更に土台石が積まれ、地震の際には、その隙間
  が揺れを吸収し、塔が倒れなかったとか。
   中央の本柱にも揺れを吸収する工夫がなされ、現在のス
  カイツリーにも、その技術は活かされているとか。
 

    ー 格子の家 ―

     ならまち「格子の家」格子は昼間、外から中は見えない
   が、中から外はよく見え、音や風も良く通すなどの利点、
  ここには箱階段や吹き抜けによる明り取りや煙抜きの工夫
  もなされている。
   町家は間口は狭く、奥行きが深い。(京都も)これは税
  金が間口の広さによるのと、皆が「表通りに面したい」と
  の願いの表れ。
 


 ー 興福寺 ー


  「三重塔」
   手前には大木もあり、下の木陰では三重塔を写生
  している人もちらほらと。
   根っこが椅子代わりに・・・・。
 
 
上、三重塔の外柵左に
貼られたドローン禁止
のマーク拡大写真。
時代の流れが
感じられる。

  「阿修羅像」

  インド神話に登場する戦闘の神。
 3つの顔と6本の腕を持つ。
  普段安置されている国宝館が耐
 震補強で年末まで休館のため、仮
 講堂に移し、天平期の西金堂の雰
 囲気を再現。
  来年平成30年に中金堂の再建工
 事が終わると仮講堂としての役目
 は終わる。
 


 「五重塔」

  横に東金堂も控えているが人出は
 仮講堂、阿修羅に吸収され今日の人
 影はまばら。
 


    ー 奈良県庁を訪問:屋上より市内を一望 ―

    奈良県庁正面、天井ひさし中央部が抜けているのが
   目につく。屋上から見ると建物全周にわたり穴が空い
   ており「その目的は?」とも話題になったが我々では
   結論出ず。
    ドローンなどの空撮で確認すれば案外、すばらしい
   建築デザインだったりするかも?
 


   「屋上」

    屋上は広く、とても開放的。
   花も一様咲いており緑も多く
  公園みたいな感じ。
   ライブなどの催し物は?
  やらないだろうな!!
 


   「屋上からの一望」

  こちらは若草山が一望できた。
  他、東西南北で奈良市内や生駒山などが
 眺められた。

  本日の「ならまち散策」フィナーレと
 しては最高かも!!

 
  Top Page






 担当 3班


                 今日も天気に恵まれ、ニュースポーツのパークゴルフ体験
                 各班山田で待ち合わせて万博公園パークゴルフ場に集合


パークゴルフ場到着

仲原先生から今日が初めてという方へ
簡単なルールとマナーの説明があった
  軽く準備運動後out,inのコースに各班分かれていよいよプレー開始 

             ホールインワンを目指しレッツスタート!!    さあ、次のホールだ        ありゃ!OB 
皆さん暑い中、体に気をつけてパークゴルフを楽しまれました
 Top Page  





 

 
     5月25日は教室でストックウォーキングの説明の後、くるくるプラザの中庭で歩き方の基礎練習を行なった。
     初心者も多い様子だったがくるくる歩いている内に姿勢良く歩く姿が見られた。いよいよ外歩きスタート。
     本日は小雨模様につき2km弱のコースだったが、ストックウォーキングの運動機能を十分体験できた。
 

いい姿勢です






       ・年齢性別を問わず気軽に楽しめ、エクササイズの効率が非常に良いことがうたわれているが、
        通常のウォーキングよりも歩幅がやや大きくなり、歩行速度が上昇することを体感できました。
       ・ポールを持つことにより歩行姿勢が正されることが一番良かった点です。
       ・取り組みやすく効果 の高いエクササイズであることを理解できました。 (2班 広報担当)
 
Top Page    




 



 
 
    Top Page






  

      
        5/11は 幸い天気にも恵まれ、阪急六甲に集合でタクシー分乗にてYMCAの施設に到着。早速仲
        原講師の説明で手分けして準備、巻き割りやかまどに火を起こして燻製や、ナン作りも開始
        アルミ缶は倒れ止め針金等色々工夫が見られました。忙しく動いて炊飯は最後はかまどの残り火
        も使って完成し丁度昼過ぎから食事です。最後カタズケ後 記念撮影もして解散、タクシーにて
        下山です。


ナン作り

アルミ缶での炊飯

燻製作り

              豪華ランチ                                     食事後歓談

 
    Top Page