日本古代社会の中でも注目される5世紀代の巨大古墳群は大和政権のなかでどのよう
         な過程を経て築造されたのか、またその被葬者についての実像を学び、一人でも多くの
         人に歴史への関心・興味を持っていただく為の講座であり、各地域に行かれた時にどう
         してこのような遺跡が残っているのか、いろいろ想像してみていただく一助になるよう
         にとの思いで前田先生が引き受けてくださった講座です。

               52日の第1回目は「弥生時代の王墓~北九州と畿内」についてを分かりやすく解説
         していただきました。



船本会長 開講あいさつ
前田 豊邦先生 講義風景
 

 

 
Top Page